長生久視の現代住宅3

夏休み中は”おさらい“しながら塗りモノのおはなし(^O^)/

塗りモノの美しさについては、前回からもおハナシしています。

みなさんは視覚の美しさだけではないことにお気づきのはず。

   

生活に必要なほどよい光り、ほどよい潤いは空気の質

アクリル繊維の洋服を脱ぎ捨て、綿や絹を纏って暮らすような心地よさ

現代住宅では機械が作り出す豊かさが主流ともいえます。

未来住宅では素材がつくりだす豊かさが主流になるのかもしれません。

いい漆喰ってなんだろう>きっと参考になるはずです♪

つづきはまた明日✩✩✩

とても心地いい暮らし・とても楽しい生涯を地域密着で…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です