ブログ」カテゴリーアーカイブ

京都市工務店 京町家工房 ブログ

メンテナンスへ伺いました♪

こんにちは!京町家工房 藤川です☀️

3月に入り「あ〜春まであと一歩だな〜」と思うくらいの暖かさがやってきましたね♪

 

お引き渡しから間もなく1年のお客のところへ

メンテナンスでお伺いしました😊

建具が馴染んでくれるまでは

どしても季節の変わり目には建具の調整が必要になってきます。

 

 

工事が完了し、お客様が生活を始められると

単なる「家」とか「建物」でははくなり

○○さん家(ち)になるんだな・・・と

建築に携わり十数年・・・本当に感動します😊

 

ご主人が手がけられた↓

こちらの壁も馴染み深い風合いに✨

お子様が大きくなるまではプレイムールとして使われているそうです♪

 

 

玄関の床材にはヒノキを使用

色合いが少しずつ変わってきて、ますます温もりの感じる空間になってきました♪

 

長く快適な生活をしていただきには大切なメンテナンス。

 

またお伺いさせていただきます♪

 

前回の記事はこちらから↓

お引き渡しがありました

 

 

 

 

 

 

八坂神社界隈へ行ってきました♪

こんにちは!京町家工房 藤川です♪

 

祇園祭は八坂神社さんのお祭りでもあり

京都に住んでいると馴染み深い「八坂神社」さんに行ってきました♪

 

ところで・・・

八坂神社さんの祭りなのであれば

「八坂祭」でも良いんじゃないの???

 

と素朴な疑問👀

 

明治以前には, 神様と仏様が一緒に祀られていたため, 慶応4年 ( 1868 ) に,『 八坂神社 』と改称されるまでは, 「 祇園社 」 または 「 感神院 」と呼ばれていました。

正式には, 祇園感神院 ( かんしんいん ) といって比叡山延暦寺の末寺。 八坂神社は江戸時代まで, 神社でもあり, お寺でもあったのだとか!

 

 

縁結びの神さまである大国主神さまがいらっしゃいます
マスクをつけている大国主神さまと因幡の白兎さん

 

 

 

参拝の後は

おみくじをしてみました😊

今年は「初志貫徹」がテーマになりそうです。笑

そして願望は「精進すれば叶う」みたいなので

初心を忘れず、やると決めたことは

焦らずコツコツやり遂げると叶いますよ〜ということみたいです😆

 

 

八坂神社さんのお隣にある円山公園は国の名勝に指定されていて

「祇園枝垂桜」が代表される桜の名所でもあります♪

今年はライトアップあるのか…定かではないですが

お散歩がてら覗いてみてください♪

 

 

お楽しみはソコソコに八坂神社さん界隈を散策です♪

 

ちりめん山椒屋さん発見👀

何杯でもご飯食べれちゃうやつです。笑

こちらのちりめん山椒はサラサラ系で さっぱり美味しかったです。笑

 

 

石塀小路を抜けて二寧坂〜三寧坂をテクテク…🚶‍♂️

 

よく見る風景の写真が撮れるので二寧坂のぼてから振り向いてみてください📷

 

 

 

七味家本舗さん

我が家の冷蔵庫に必ずあるこちらの七味と山椒

おかきも美味しいので是非、お試しくださいね♪

 

 

 

前回のお散歩Blogはこちらから👇

清水寺さんへ行ってきました♪

中二階町家さん工事進捗

こんにちは!京町家工房 藤川です☀️

突然ですが…2月に入り花粉飛んでませんか?👀

ここ数日…「私、花粉症です」

って印籠みたいなのが欲しいと本気で悩んでます。笑

 


今日のBlogは工事進捗です…✏︎

 

屋根の解体+素屋根が進んでいます!

建物全体を覆いかぶしてくれる仮の屋根のことを素屋根というそうです✨

お城や社寺仏閣の改修工事中などによく見られますね♪

 

 

 

解体された材はこんな感じで下されていきます。

 

 

 

屋根を支えていた一部の丸太も解体され

 

あっという間に屋根がなくなり素屋根の完成です♪

これで雨が降っても安心です♪

この素屋根があるだけで職人さんは作業しやすく

冬は風がしのげて暖かいのだとか♪

 

この後は京町家大工が柱や梁といった建物の骨になる部分を

綺麗に直していくそうです♪

 

休憩中の一コマ。刃物手入れ中の岸本くん

柱や梁を仕込んでいるので刃物の手入れも欠かせません!

 

 

前回のBlogはこちらから👇

https://kyomachiyakobo.jp/水道配管について聞いてみた👂/

 

 

清水寺さんへ行ってきました♪

こんにちは!京町家工房 藤川です☀️

 

2021年初のお散歩Blogです✏︎

 

お打ち合わせの帰りにお散歩がてら清水寺さんへ

 

上から見た景色👀

 

↑重要文化財 三重塔

 

 

 

 

音羽の瀧 清水寺の開創の起源であり、寺名の由来となった瀧

 

今は中止中ですが 3筋に分かれて落ちる清水を柄杓に汲み、六根清浄、所願成就を祈願します

普段は長蛇の列になっているので正面から写真を撮るのが至難の技👀

 

 

この風景よく見かけませんか?😊

数年前から檜皮葺替工事が始まり2020年3月に完了しとっても綺麗になっていました♪

 

下から見ると凄い迫力です👀

 

続きましては・・・清水寺境内の・・・

女性の方で賑わっている縁結び・恋愛成就で有名な地主神社さん

 

 

10mくらい先にある石と石の間を目をつぶって真っ直ぐ歩けると恋愛成就すると言われています♪

 

 

奥の方へ進むと”おかげ明神”

五寸くぎの跡を探したのですが見当たらず・・・みたかった👀

ご存知の方いらっしゃったら教えてください。笑

 


 

普段はなかなかゆっくり見れないので満喫したひと時となりました♪

ではでは…長くなったので次回に続きます♪

 

↓前回のお散歩Blog✏︎

圓徳院へ行ってきました♪

 

 

進捗-店舗兼町家住宅

こんにちは!京町家工房 藤川です☀️

工事進捗Blogです…✏︎

 

大きく長い礎石も埋まって基礎も乾いています♪

 

 

壁も出来上がってきて室内の様子が少しずつわかるようになってきましたね♪

 

 

そして屋根工事も着々と進行中♪

 

今回の屋根材はかわら型の板金を使用

↑この瓦の形をした白いものは断熱材✨

 

その上に↓

こんな感じに1枚ずつ板金を施工していくそうです♪

何枚あったのか…気が遠くなりそうな作業です👀

 

↑こちらは可愛らしい鬼瓦

 

 

 

上から見るとこんな感じです♪

足場が取れた時にどのように見えるのか楽しみですね✨

板金屋さん綺麗に施工していただきありがとうございます♪

 

 

前回のBlogはこちらから↓

進捗-店舗兼町家住宅

 

 

水道配管について聞いてみた👂

こんにちは!京町家工房 藤川です☀️

水道屋さんの工事中にお邪魔してきました♪

 

 

顔を洗う〜おトイレにいく〜洗濯をする〜炊事をする〜…お風呂に入る…

水道水を使って、使った水が流れていくことが当たり前すぎて

感動したというお話👆

 

↑右にある茶色い筒みたいなのが以前まで使われていたドカン

 


この町家さん、前の職人さんが丁寧に工事してはる〜


と水道屋さん

 

なんでわかるのか聞いてみたところ

生活雑排水や汚水を流すドカンにもきっちりとした施工方法があり

つなぎ目がしっかりできていないと

そこから水が漏れていたり、ちゃんと流れていなかったりで

ドカンの汚れがひどいとか👀

 

 

そうならないために、新築やリノベーションの際に

お客様の生活スタイルや将来のこともしっかり計画して

配管の位置を決め、その土地にあった施工方法をとるのだとか・・・

 

エーーーーー!? 何も知らなかった・・・👀

ってことで帰社してから京町家アドバイザーにこの話をしてみたところ

 


そうやで〜最終的にここに流すためにはどうするか、
(※勾配がな…←難しくて理解できなかったので省略。笑)

数十年後に何かあったりしても大掛かりなことにならへんように…とか

考えて施工してくれてはるんやで。

家が完成した時には見えない配管やけど、すごく大切なことなんや✨


なんだか楽しくてゾクゾクする体験をさせてもらった1日となりました👀

 

100年後・・・「職人さんいい仕事してはるわ〜」っと

未来の京町家棟梁から言ってもらえる日がくると思うとワクワクします♪

 

職人さん密着Blogでした🗒

楽しかったのでまた現場にお邪魔しに行きたいと思います♪

水道屋さんありがとうございました✨

 

 

 

 

道具の目立て

こんにちは!京町家工房 藤川です☀️

天赦日の良い日にノコギリの目立ての仕方を教わりに行ってきたというお話👆

 

 

 

※音がでます

 

⇅練習中のノコギリがコチラ

 


鑿はこう研ぐんですけどノコはこう削るんです。


と説明してくれました♪

 

 

↓最終的には普段使うこちらのノコギリの目立てができるよう奮闘中✨

 

大事な大工道具の「ノミ・ノコ・カンナ」

 

 

ゴソゴソと出してきてくれたカンナとノミ

今は使える状態ではないけれど

これから土台をなおし刃を研いで使える状態にしていくそうです✨

 

久々に逢ってびっくりするくらい

腕周りががっちりした職人さん体格になっていた若手大工の岸本くん(英ちゃん)✨

かっこいい京町家棟梁を目指し頑張っている姿をみて

とっても嬉しくなった藤川でした♪

 

中二階町家さん工事進捗🏠

こんにちは!京町家工房 藤川です☀️

2021年もどうぞよろしくお願いいたします🙇‍♀️

 

年末からの寒波でとっても寒いです京都ですが

そんな中、現場へ行ってきました!

 

↑年末に建物の垂直検査をして、長年の家の癖を元に戻しておきました♪

 

 

1階の土台となる部分を施行中

 

 

 

 

↑現場打ち合わせをしながらの休憩

 

 

 

いつもお世話になっている左官屋さんと打ち合わせ中

 

そして夕方には床の部分が出来上がっていました♪

 

 


 

2時間もいなかったのに帰る頃には手も足も指の感覚がなく

ガタガタ震えながか帰社した藤川でした。笑

 

寒い中、頑張ってくださっている職人さんに本当に感謝ですね🙇‍♀️

 

またご報告いたします♪

 

 

 

 

↓↓↓前回のBlogはこちらから

解体がございました♪

 

 

 

 

 

 

 

新年ご挨拶

 

 

旧年中は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

社員一同、旧年よりも更に飛躍できる年になりますよう尽力して参ります。

大変勝手ながら7日より通常営業となります。

本年も変わらぬお引き立ての程、よろしくお願い致します。

 

京町家工房 スタッフ一同

 

 

▲▲▲詳しくは画像クリック▲▲▲

圓徳院へ行ってきました♪

こんにちは!京町家工房 藤川です☀️

 

前回に続き圓徳院のお話🙋‍♀️

圓徳院も伏見桃山城から移築された北政所の終焉の地✨

 

正門から入るや否や

このお庭に松やサルスベリなどの木が入ってるね〜・・・というお話中↑

 

 

 

苔に見惚れて

建物の全景を撮るの忘れました・・・笑

 

建物内には豪華絢爛な襖絵があったり

書翰などが飾ってあります✨

 

国名勝指定 北庭↓

 

伏見桃山城の前庭をそのまま移築されています。

小堀遠州が手を加えていて

大小の石を合わせると200個あるのだとか・・・👀

 

ねね様にとって安らぎのお庭

何を想いながらみておられたのでしょうね♪

 

↑こちらでも想ひふける岸本くん。笑

 

 

圓徳院を後にし向かったのは

 

\ 石塀小路 /

路面には石畳が敷き詰められ、両側には町屋が並び、京都らしい風情を楽しむことができます。(路に敷き詰められた石畳の一部は、廃止された京都市電の敷石を移設したそうです)
町家の石垣がまるで石塀のように見えることから「石塀小路」と呼ばれるようになりました。

石塀小路の歴史は浅く、明治末期から大正初期にかけてお茶屋の貸家が軒を連ねていました。
現在は、旅館や料亭、庭園が美しい喫茶店などが立ち並び、祇園の奥座敷の位置づけにあります。
路は曲がりくねって、袋小路のように思えますが、高台寺通り(ねねの道)へと通り抜けることが出来ます。

 

京町家アドバイザー曰く


僕が大工の時は親方に石塀小路へいって勉強してこい。ってよく言われたわ


 

技術だけでなく、たくさんの建築材料もたくさんあるそうです。

 

写真でお見せしたいのですが「撮影禁止エリア」となっているため

写真はありません。

 

京都へお越しの際には是非、お立ち寄りくださいね✨

 

2020年お散歩Blogは最終回です✨

 

 

↓↓↓前回のBlogはコチラから

高台寺に行ってきました♪