唐破風のお話

こんにちは!京町家工房 藤川です☀️

ここ数ヶ月

「カラハフ カラハフ カラハフ」

え???なんだ、なんだ、何かのおまじないなの?

と思うくらいに聞いている言葉

 

気になり代表に聞いてみた💡

 

どうやらこんな感じの屋根のことを

唐破風 カラハフというそうです。

 

 

なんでもコチラ↑の唐破風

いろいろ決まり事があるらしく、その資料を集めているとのこと。

 

数日後・・・⏳・・⏳・⏳

 

貴重な資料をお送りいただきました!

 

倉庫を掃除してたら資料がたくさん出てきたのでお送りします。と・・・

 

偶然だったのですごいタイミング。アリガタイ。。。

 

あまりお見せしちゃいけなさそうなので

こんな感じで細かく書いてある。

読める漢字は 鳥居、欄間、羽目板とか

 

漢字ばっかりでなんて書いてあるのかは意味不明。解読不可能。

でもよく見ると所々、、全景が書いてあったり

装飾はこんなのですよ〜

 

 

とかって書いてあるもんだから

コピックペン使って色塗ってもいいかしら?

なんて衝動にかられ・・・

絶対、めちゃくちゃ怒られるな。と我慢してます。笑

 

 

「うわ〜コレすごい資料や〜〜〜!!!」と

大喜びのご様子です。笑

貴重な資料をありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です